勤務している会社が業績悪化に陥ったり、退職や病気、カードローンの積み重ねや経営している会社の業績悪化なでお、借金でどうにもならなくなった時に生活を立て直す方法の最終手段としての選択肢の一つに自己破産があります。
自己破産と聞くとマイナスイメージが先行していて、正しい知識を持たないまま夜逃げをしてしまうケースが多いのですが、これでは全く解決になりません。
正しく自己破産について知れば、自己破産は怖くないものなのです。
もし、破産をして免責になれば、借金や保証人の義務、滞納家賃なども全て免除される事になっています。
法人が自己破産した場合には、法人がなくなりますので、社会保険や税金の未払いも全て支払う必要がありません。
高価な財産は手放す必要がありますが、普通の家具や家電、ある一定の年数以上のたった自動車や一部の生命保険などは保有する事が出来るのです。
何より代えがたいのは精神的に楽になるという事です。
このように、自己破産して得るものは非常に大きくなっているのです。
逆に、失うものや被る不利益はとても小さくなっています。
具体的に言いますと、
官報に記載されること、カードで借金したり、買い物すること、一定の仕事に就けない事、マイホームを手放す事、などがあげられます。
しかし、よく誤解されている事ですが、破産すると戸籍に記載されるとか、学校や会社の人に知られる、選挙権がはく奪される、家が借りられないなどということは一切ありません。
破産してしまっても戸籍に載ったりしませんし、選挙権も持ったままでいられます。キャッシュカードだって持てますし、銀行口座も新しく作成できます。収入の範囲内なら旅行をする事だって出来るのです。
以上が自己破産をした際のメリットでしたが、いかがだったでしょうか。
これだけ多くのメリットがある自己破産。
借金に苦しみ続けている人がおられましたら、ぜひ一度自己破産について考えてみてはいかがでしょうか。