自己破産をしようかと思っている人は、自己破産の破産手続きの流れをつかんでおく必要があります。
これを知らない人や初めての人は、この手続きがとても難しく思うでしょう。
ですが、理解してみるとあまり難しいものではないのです。
この流れを前もって理解しておけば、自己破産申請者はスケジュールを立てやすくなるので、効率的に手続を進められます。
ここでは、具体的に自己破産の手続きの進め方を書いてみたいと思います。
まず最初に、自己破産の申し立てというのは地方裁判所に書類を提出する事からです。
提出する書類には二種類あり、破産手続き開始申し立てと、免責許可の申し立てがあります。
その後は地方裁判所で裁判官から面接や質問を受ける事になっています。
これをする理由というのは、本当に自己破産するのが望ましい事なのかどうかを判断するためです。
判断が行われた結果、その破産開始の決定がされた場合に、その状況に応じて破産管財人が選ばれたり、同時廃止が決められたりする事があります。
また、破産申請者にある程度の財産がある場合、破産管財人により、債権者に処分されることになります。
自己破産をはじめとして、債務整理をする時に一番に重要になってくるのが弁護士を選ぶ事です。
どうするのが一番いいのかというのは弁護士の経験にかかってきますし、債権者との交渉も弁護士が代理で行ってくれるので、とても重要になってきます。
それでは、弁護士選びについてのポイントを書いてみましょう。
債務整理の経験がたくさんあるか
これが一番重要なポイントと言ってもいいでしょう。
経験が豊富であったら、債務者にとっての適切なアドバイスも出来ますし、仕事の流れが出来るので費用も少なくて済むというものです。
特に家族や会社の人に知られずに自己破産をしたいという人は専門の弁護士に依頼するのが一番いいでしょう。
以上が自己破産する上での流れについてですが、いかがだったでしょうか。
自己破産する上での参考になれば幸いです。