自己破産するとデメリットがたくさんありますが、人によってその状況は違っているので、このデメリットをデメリットと感じるかどうかは違ってきます。
実際のところ、借金に悩み続けているより、自己破産してデメリットを受け入れて、新生活を始めるほうがいい場合が多くなっています。
ここでは、自己破産のデメリットについて書いてみたいと思います。

一定の財産をなくしてしまう自己破産というものは、債務者の必要最低限の生活費や財産の他は全部債権者に渡ってしまう制度です。
なので、破産手続き開始決定が決まった後は換価する財産がある場合、破産管財人が選べれ、管財事件となって財産が処分される事になっています。
なので、自己破産しますと財産を失ってしまいます。

もし、連帯保証人がいた場合んは、債務者が破産手続き開始決定がおり、その後免責許可の決定を受け、
自己破産の手続きが全て終わって借金がなくなっても、その事は連帯保証人には全く関係がないので、債務者は連帯保証人に取り立てをします。

次のデメリットは官報に記載されてしまうということです。

国が発行している唯一の機関紙である官報に自己破産者の氏名や住所、破産手続きをした日時や裁判所などの情報が記載されてしまいます。
住所の移転と制限破産管財人が選ばれた場合には、債務者の財産を処分して換価し、債務者それぞれに分配する必要があるので、手続きを迅速化して債務者が逃亡したり、財産を隠ぺいしないように破産手続きが終わるまでは、裁判所の許可を得ずに住所の移転や長期の旅行などには行けません。

破産者名簿への記載がされます。

自己破産するのは二つの手続きがあるのですが、一つ目の手続きである破産手続き開始決定が下りた場合、
破産者の本籍地がある市町村役場の破産者名簿に記載される事になっています。

これらが自己破産した際のデメリットですがお分かりになって頂けましたか。
よく考えてから自己破産する事が大事だと言えるでしょう。