自己破産とは端的に言うと、裁判所にて支払い能力が無く、支払いが不可能であると認められることで、免責となり全ての債務を支払う必要が無くなります。

ただ、税金等の支払いはしなければいけません。

自己破産をするという事は、あくまで最終手段であり、当然自分の債務に関しては自分の力で返済していく事が望ましいです。
また自己破産を申請しても、免責にならない可能性もゼロではありません、
破産法の中にはギャンブルや浪費が原因で大きな債務を負った場合を免責不許可事由と定めています。

他にも、裁判所に虚偽の申告をした場合などもこれに当たります。

ただ、実際にはある程度の裁量が考慮されるので悪質なものでなければある程度は考慮されます。
自己破産をするメリットとしては、全ての債務の支払い義務が免除され、債権者が差し押さえなど強制執行する事ができなくなります。

デメリットとしては、当たり前ですがある程度の期間、基本的に借り入れができなくなります。
その期間はおおよそ5年から10年間です。

また、免責決定を受けるまでは、一部の職業に就けません。士業などがその例です。

そして、国が発行している官報に自分の住所と名前が載る事になります、
実際にはあまり身近に官報を知っている人や必ず見るという方は少ないですが、
一応国からの発行物に名前が載る事となります。

自己破産の手続きの流れとしては、基本的に司法書士事務所などに相談に行くことから始まります。

その後に債権調査、受任通知の発行が行われ破産に必要な書類を揃えて自己破産の申し込みを行います。

この、時の受任通知の発送は債権者に対して行われるのですが、
これによって債権者からの取り立てが一時的に停止します。自己破産の申し込みを地方裁判所に行い、
裁判所での審議の結果、免責が認められると債務が免除されます。

ただ、自己破産はあくまでその時点での債務を免除するものなので、その後も収支のバランスが取れていなければ本当の改善には至りません。
あくまで最終手段と捉えて、自分の生活スタイルの見直しや環境の改善等を行う事が大切です。