多くの債務を抱え、生活が困窮して限界に陥った場合、最終手段として使用するのが自己破産という破産申請です。
自己破産を行ってそれが受理され自己破産が確定した場合には抱えていた債務は一切なくなりますので、債務に悩まされる生活からの解放が待っているわけです。
しかし自己破産には債務からの解放というメリットがある反面、多くのデメリットも存在していますから簡単に自己破産を行ってしまうと逆に生活し辛くなってしまう可能性もあります。
自己破産を行った際の出デメリットには、新たなローンの利用禁止、財産の没収、就けない職種の存在、債務以外の税金などの支払い、そして他人に迷惑をかけるというようなデメリットが有ります。まず新たなローンの禁止は自己破産を行った場合には信用情報機関にその情報は自己情報として残りますので、その時点でブラックリストとして登録されてしまいます。自己破産の場合最長で10年間のローン利用が出来なくなりますから、車などをローンで購入するということは一切できなくなります。要するに全て現金で決済を行う必要があるわけです。
財産の没収に関しては、家や車といった財産は全て手放すことになります。20万円程度の現金は自己破産後の生活のために所有が許されますが、それ以外はほぼなくなると考えて良いでしょう。
仕事に関しても警備員や弁護士、保険勧誘員といった一部の職種には一時的に就けなくなってしまいます。債務以外の税金に関しては、自己破産を行っても免除されないため、税金の滞納が有る場合にはそれを返済していく必要があります。
そしてもしも保証人がいた場合には、自分の債務は自己破産によって無くなりますが、保証人に関してはその債務を代わりに返済していく義務が発生してしまうため、保証人になってくれた人に多大な迷惑をかけてしまうことになります。
このように自己破産には多くのデメリットがありますから、どうしても自己破産を行う場合にはデメリットがあることを承知の上で行う必要があるでしょう。