自己破産によって借金を全て減額した場合、それに伴って様々なデメリットを受けることになります。最低限の生活は保証されるものの、当然のように贅沢をすることが出来ないので、場合によっては使えるものが減ってしまうこともあります。特に注意しておかなければならないのが、ローンを組むことが出来ない点です。自己破産は借金を返せなかったために起こしたことであり、借金の中でも一番有名なローンというのは組むことが出来ないのです。
また借金という部分を考えても、クレジットカードも利用することが出来なくなります。クレジットカードは会社が代行して支払いを行っていますが、返済方法は借金と同じ状態となります。従ってカード会社は自己破産が判明した時点で、カードの利用停止処分を行います。これは延々と続くものであり、当面の間利用して支払いができません。通販サイトの利用が制限されるだけでなく、有料で行えることが全てできなくなってしまい、かなり厳しい状態となります。
そして贅沢が出来ないということは、余程のことが無い限り車を持つことができなかったり、持っている家は手放すこととなります。アクセサリー等の金品についても、換金できると判断されれば全て処分対象となります。手元に残るのは現金くらいであり、生活ができる最低限の状態から再びやり直すこととなります。これが自己破産のデメリットであり、今まで自分が積み上げたものが全て消えてしまうこととなります。家族にも迷惑をかける行為であり、話をしておかなければなりません。
失敗した時にやり直しができる方法として有名な自己破産ですが、当然のようにデメリットが多数存在します。これ以外にも自己破産をした情報が官報に掲載され、情報が知られる可能性があるのもデメリットです。そして自己破産をした時の費用は後から支払うこととなり、弁護士事務所側に分割とはいえ支払いをしなければならない点も面倒な点と言えます。